妊娠しやすい体作りをしてくると、自然とホルモンのバランスも整う

妊娠しやすい体作りをしてくると、自然とホルモンのバランスも整う

妊娠しやすい体作りをしてくると、自然とホルモンのバランスも整う

赤ちゃんが欲しいと思った時、実際すぐに妊娠する人は少ないように思います。

 

そのような時のために、妊娠しやすい体作りをして、いつ妊娠しても良いように体の状態をベストに整えておくことが大切です。一体どのようなことを行っていれば、妊娠しやすい体になるのでしょうか。

 

まず、タバコは止め、お酒を控えたほうが良いです。タバコは「百害あって一利なし」で、実際妊娠中の喫煙は胎児の低体重や早産を促すとまで言われています。胎児ばかりでなく、自分の健康の為にも禁煙をしたほうが良いです。また妊娠中のアルコール摂取は胎盤から胎児へ移行するというので、避けたほうがいいですし、妊娠していなくてもお酒は体を冷やすのでできるだけ控えたほうが良いと思います。

 

そして、冷えを取ることが大切です。冷えは万病の元とも言われていますが、実際不妊にも繋がります。日頃から体を冷やすような行動、服装などは避け、体を温めるような食材を積極的に摂取したり、入浴やストレッチなどで体を十分に温めるように勤めることが妊娠への近道です。また入浴などでリラックスする時間はストレス解消にもなるので、体への効果もとても良いと思います。そして、適度な運動も妊娠しやすい体作りには大切です。運動は体を温める効果もありますし、適性体重へ導く効果もあります。激しい運動が苦手という方はウォーキングでも十分効果があると思います。

 

そして、規則正しい生活を送ることです。妊娠はホルモンの働きととても密接に結びついています。ホルモンの働きを良い状態に保つ為にも、十分な睡眠を取り、規則正しい生活を送ることが大切です。また、栄養バランスのとれた食事も、ホルモンを良い状態にするために重要です。普段の生活スタイルを見直すことが妊娠への近道であると思います。

 

このように妊娠しやすい体作りをしてくると、自然とホルモンのバランスも整い、基礎体温のバラつきもなくなり、自分でも妊娠しやすい時期が掴めてくると思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ